夏ボラカフェでは、参加者どうしゆったりと交流しながら、夏のボランティア体験をふりかえりました。

DSCN6880「体験中気になったことカード」の話題では、
「小さい子たちからお願いをいっきにされたとき、どう対応すればよいのか」
「ボランティア活動を通して得たものは」
「ボランティアで活かすことができた得意なことは」
等について、グループごとに話し合ったり、全体で共有したりしました。

相手の立場になって考え、気持ちを整理することで、ボランティアとして自分たちに何
ができるのかじっくり考えることができ、とてもよい時間になったようです。

参加したみなさんからは、
「講師の栗原穂子さんのお話では詳しくボランティアについて教えてもらえて勉強に
なりました」
「ボランティアとは何だろう、なぜボランティアをするんだろうと、改めて考えさせら
れる会になりました」
「いろんな人と価値観を共有できて、とても有益な時間となりました」
などの感想が寄せられました。

夏ボラが終わっても、みなさんのボランティア魂についた灯をともし続けていってほしいと思います!

DSCN6866R1_000001