8月24日(土)、酒田市ボランティア・公益活動センターでは、東根市公益文化施設「まなびあテラス」と「山形市市民活動支援センター」に視察研修に行ってきました。

ボランティア・公益活動団体の利便性向上、コーディネーション力のさらなる強化を図ることを目的に、ボランティア・公益活動センター推進委員、登録団体会員、市職員など計16名が参加。

担当職員から、質問事項に対し丁寧にご説明いただき、また施設内を見学させていただくことにより、各施設の特色や活動内容について理解を深めることができました。

参加いただいた皆さまから、「活動支援として、印刷・作業スペースやミーティングルームが酒田市でもあればと思う。(団体等との関係強化につながるのでは)」、

「市民活動・公益活動の拠点機能のあり方は地域ごとに異なることを強く認識した。 具体的に酒田市ボランティア・公益活動センターでも、全団体の発表会の開催や登録団体等のファイル閲覧方式による情報公開など活かせるものもあると思った。」、

「市民の参加したいという心理をどう動かしていくか、よく提案されていた。 ボランティアに参加したことの証しのスタンプなどの特典は、引き込みやすい事例でした。」 などの感想をいただきました。

みなさんから出された意見は、今後当センターの運営において、参考にさせていただきます。

 

DSCN6772DSCN6789DSCN6804DSCN6846