3月11日(日)、東日本大震災で亡くなられた方の追悼と、これからの復興を応援する「8年目のキャンドルナイトin中町」(里仁館主催)が中町にぎわい健康プラザ<集いのスペース>で行われました。

今年のキャンドルナイトは、「東日本大震災追悼の集い」(主催:酒田市・社会福祉法人酒田市社会福祉協議会)と協力しての開催したものです。

DSCN310311

オープニングセレモニーでは、巡視船「とね」の鐘の合図で黙とうをささげた後、酒田市長・丸山氏の復興を祈願する応援メッセージが、副市長・矢口氏により読み上げられました。

DSC_0243

会場の外には、通りがかりの市民の方々が足を止め、キャンドルや絵灯ろうのメッセージを読みかえしていました。

並べられた絵灯ろうは、宮城県名取市の復興イベントのため募集した絵のコピーを使用し、ボラ公センにてボランティアのみなさんと一緒に作成したものです。

当日は、あいにくの天気でしたが、セレモニー終了後は、中町中和会商店振興組合の協力により温かい甘酒のふるまいも行われ、冷えた体に沁みわたりました。

絵を描いてくださったみなさま、
灯ろう作りボランティアに参加してくださったみなさま、
立ち寄って灯ろうを見てくださったみなさま、ありがとうございました!